履歴書の職歴

履歴書


転職サイト比較NAVI転職の基礎知識 > 職歴の書き方

 職歴の書き方

 職歴の1行目には、「職歴」と記載します。(学歴の後に空白行を入れる)

職歴には、最低限、これまで就業した会社の入社暦、退社暦を記載します。

学歴同様、会社名も正式名称にします。

例えば、「(株)○○」などがNG。正しく、「株式会社○○」としましょう。


 本来、パート・アルバイトについては記載しないべきですが、

アピールポイントのひとつとなるのであれば、書いても問題ありません。

必ず面接で触れられると思いますので、説明できるように考えておきましょう。


 面接の時点でまだ就業中の場合は、「現在に至る」。退職日程が決定している

のなら、「退職予定日」を書いても問題ありません。既に退職している場合は、

「一身上の都合により退社」と記載しましょう。


 職歴の中に空白期間がある場合は、まず突っ込まれるポイントです。

備考欄などに明記しておいたほうが無難です。

(「転職活動期間」「職業訓練期間」「資格取得期間」「介護期間」など)


 職務経歴について、面接では重箱の隅をつつくような質問を受ける場合も

あります。詳細は職務経歴書に記載しますが、その際には配属部署や

職務内容だけではなく、例えば営業なら具体的な売上目標、粗利目標に

対する達成値、お客様へのアプローチ方法などを盛り込むと良いです。


 同業他社へ応募する場合は、用語や略語など面接官に理解して頂ける

かも知れませんが、異業界には通用しない可能性がありますので注意。


 まるで自分の知識をひけらかすような話をされたら、誰でも不愉快ですよね。

面接時に口頭で一言説明を添えるなど、使い方を間違えないことです。

学歴の書き方賞罰の書き方


転職サイト比較NAVI転職の基礎知識 > 職歴の書き方



copyright 39navi.com all rights reserved.
当サイトは厳選した情報を公開しておりますが、万が一ご利用により不利益が生じた場合がありましても、一切の責任を負わないものとします。
また、当サイトのコンテンツに関して、無断転載は厳禁とさせて頂きます。 発見した場合は予告なく公表等、相応の対応を致します。

これから健康食品