退職の流れ

転職


転職サイト比較NAVI退職の基礎知識 > 退職の流れ

 退職の流れ

1.意思を告げる

 直属の上司に口頭で意思を告げましょう。いきなり退職願をつきつけるのではなく、

意思を伝えましょう。この時点では、直属の上司以外には伝えないことが賢明です。


 こういった話題は、否が応でも広がるものですよね。上司だって上司であるまえに、

1人の人間です。噂で聞く前に、直接聞きたいのが心情でしょう。

大切なのは「相談」ではなく「報告」であること。


2.退職日を決定する

 就業規則に則り、日程を決定します。法的には「2週間前」という期間が

定められていますが、就業規則上は「1か月前」ということもあるので注意。


 引継ぎ期間などの影響で、希望日程が通らないケースもあります。

意思を伝える特に合わせて相談すると良いでしょう。


3.退職願を提出する

 期日に余裕をもって退職願を提出します。

詳細については、後述のコンテンツを参照ください。


4.業務引継ぎを行う

 後任者に対して、誠意をもって業務を引継ぎましょう。

ノウハウだけでなく、取引先や関係部署への紹介、挨拶も忘れずに。


 同業界へ転職の場合は、将来的に前の会社の関係者との関わりが

無いとも限りません。人脈は大事にすべきです。


5.退職日までに...

 会社へ必要書類を返還し、会社から必要書類を受領します。

必要書類については、後述のコンテンツを参照ください。

特殊な転職求人サイト退職願の書き方


転職サイト比較NAVI退職の基礎知識 > 退職の流れ



copyright 39navi.com all rights reserved.
当サイトは厳選した情報を公開しておりますが、万が一ご利用により不利益が生じた場合がありましても、一切の責任を負わないものとします。
また、当サイトのコンテンツに関して、無断転載は厳禁とさせて頂きます。 発見した場合は予告なく公表等、相応の対応を致します。

これから健康食品